EVA-CHIN御用達の「Amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。



ザ・サウザンド京都

− THE THOUSAND KYOTO −

「THE THOUSAND KYOTO」・すぐ泊まりたくなる宿泊プランはこちら



THE THOUSAND KYOTO は2019年1月29日に京都駅直ぐ横にオープンした客室数222室の京阪グループ・フラッグシップホテルです。地下1階から地上9階の構造で、客室は3階から9階に配置されております。ホテルメインコンセプトは、『京都の豊かな知恵に触れる 〜 Personal Comfort Hotel 〜』。「京都=千年の都」の知恵から生まれたホテルで、「とても多く」という意味からたくさんの知恵で生まれたというストーリーも込められているそうです。レストランは日本料理「KIZAHASHI」、イタリア料理「SCALAE」、ラウンジ「TEA AND BAR」の3か所あり、「KIZAHASHI」と「SCALAE」は朝食も提供しています。
一人ひとりそれぞれに心地良いひとときを提供する THE THOUSAND KYOTO。京都観光の基点としてご利用されてみては如何でしょうか。


THE THOUSAND KYOTO の全景

京都タワーが目の前に建つ京都駅中央口から東へ歩くこと約2分で着く距離にある THE THOUSAND KYOTO は、地下1階、地上9階建てのホテルで、客室階は3階から9階に配置されています。東西南北に客室を配置しておりますが、周囲に同等の高さを持つビルも多く、景色を楽しみたいのであればベストな方向は東側だと思われます。地下1階には24時間利用できるフィットネス、1階はフロント、2階に3店舗のレストラン、3階にスパを備えており、地下1〜地上3階部分で元々あった京都センチュリーホテルと接続 して両ホテルが行き来できるようなレイアウトを備えます。


THE THOUSAND KYOTO のエントランス

左側写真は京都駅から向かうと目に入るエントランス。「THE THOUSAND KYOTO」と「KYOTO CENTURY HOTEL」の文字がある通り、両ホテルのゲートの役割を果たします。なのでドアマンから聞かれた最初の質問は、「どちらのホテルをご利用でしょうか?」でした。ただ建物内へ入るエントランスはそれぞれ異なっており、右側写真は 「THE THOUSAND KYOTO」のエントランスとなっております。2019年4月にはホテルのロータリーから京阪電車の特急停車駅でもある京阪七条駅を結ぶ「京阪七条−京都ステーションループバス」を京阪バスが運行を開始しており、京阪グループの連携を感じ取れますね。


エントランスからのアプローチ

THE THOUSAND KYOTO のエントランスを通り抜けるとホテルならでは香りが広がり、千本鳥居を連想させるような回廊がロビーへと続いています。ちなみに左写真がフロント方向、右写真がエントランス方向を見た写真です。


THE THOUSAND KYOTO のロビー&フロント

ロビーやフロントから広がる大階段が特徴的な空間です。四方に客室階の廊下やレストランが取り巻く形でレイアウトされた大きな吹き抜け空間となっており、これが屋外ではなく建物内と言うのが驚きですね。階段を上がると(隣にエスカレーターもあります)、2階にある3店舗のレストランがあり、2階も奥へと進んでいくとKYOTO CENTURY HOTELに続いています。


THE THOUSAND KYOTO・日本料理「KIZAHASHI」の料理・ご予約はこちら

THE THOUSAND KYOTO・イタリア料理「SCALAE」の料理・ご予約はこちら

THE THOUSAND KYOTO・ラウンジ「TEA AND BAR」の料理・ご予約はこちら

作成中

ザ サウザンド デラックス・キング 宿泊記  (2019年5月宿泊)