EVA-CHIN御用達の「Amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。




さて、バスルームを見てましょう。サウザンドルームのバスルームは洗面台、洗い場付きのお風呂場、個室のトイレで構成されております。サウザンドルームのレイアウトは洗面台スペースを中心としてお風呂場とトイレが接しており、前回の様に脱衣スペースが廊下みたいなレイアウトにはなっておりません。一つ一つの質感は前回宿泊したデラックスダブルのバスルームと変わらずで、ただお風呂場や洗面台、トイレのレイアウトが異なっているだけの様です。


デラックスルームのバスルーム

洗面台、洗い場付きのお風呂、個室のトイレで構成され、今回のサウザンドルームのバスルームは、写真の洗面台が中央に配置されているので、このスペースが脱衣スペースにもなります。バスルームのレイアウトはお部屋にカテゴリによって様々異なりますが、質感は共通性がありますね。


洗面台 

洗面ボウルは四角く、浅いタイプです。デザインはシンプルで好みですが、ちょっとコンパクトなサイズかな。


お風呂場

お風呂場は洗い場付きタイプ、天井から降り注ぐレインシャワー(写真左)も備えています。壁面や床も質感が高く、ちょっとしたバスタイムが楽しめますね。大型シャワーヘッドを備えるハンドシャワーの水流は3種類あります。


バスアメニティ

シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ボディローション、石鹸は THOUSAND KYOTO のオリジナルです。ホテルのロゴは無限大をアレンジしたもので、「千年の都・京都の知恵とおもてなしの精神をすべてのゲストに。THOUSAND=1000を表すと共に千年=無限大の心地良いサービスを追求していく」という意思があるそうです。他には歯ブラシ、レザー、シェービングフォーム、ヘアブラシ、コットン、綿棒、ヘアゴム、シャワーキャップ、ボディタオルがあります。


タオル

タオルはバスタオルが2、フェイスタオルが2、ハンドタオルが2あります。バスタオル、フェイスタオルも追加オーダー可能です。


バスローブ

バスローブはホテルのロゴも無く、シンプルなタオル地です。


部屋着

お部屋の備え付けは作務衣タイプです。ナイトウェア(M・L・LL)が欲しい時は、パッドの追加アメニティオーダーページからリクエストできます。


体重計

体重計もあります。最近は怖くて乗れないですけど。


17時頃の京都駅中央口改札前。EVA-CHINがお部屋の撮影をしている間、嫁さんは京都駅周辺のショップへ出掛けていたので、ここで待ち合わせをしました。本日の夕食はもちろん「二条有恒」であります。今回の京都もここで食べたくて計画した様なものです。最寄駅は京都市役所前駅なので地下鉄を乗り継いで向かいますが、京都駅からお店まで大体30分位ですかね。今夜はどんなお勧め食材があるかなぁ。本当に楽しみです。


二条有恒

最近気に入った大人のお店です。2019年2月に見つけて、この回では3回目の訪問。1回目はザ・リッツ・カールトン京都、2回目は THE THOUSAND KYOTO の初ステイ宿泊記でもご紹介しておりますので、是非、ご覧くださいませ。

それにしてもビールの注ぎ方も美しいなぁ。


お通し:冷たい夏野菜の上にウニとキャビア。

鱧おろし 鱧焼き霜

岩がきポン酢

万願寺とうがらし

米鶴純米酒:ホタルラベル (山形県)

ここから日本酒を楽しみましょ。

あゆ焼き (今回一番の旨!)

うなぎ しら焼き

ぐじ 唐揚げ (甘鯛)

定番の箸上げショット

のどぐろ 炭火焼き

美山地鶏

にゅうめん

焼きおにぎり

今回呑んだ日本酒 : 文佳人 夏純米 (高知県)

鳳凰美田 (栃木県)

作 雅の智 (三重県)

AKABU 雄町 (岩手県)

ええとこどり 浪の音 (滋賀県)

謎の日本酒 (忘れちゃった)

雄町 篠峯 (奈良県)

お腹が許せば、もっと食べたいなぁ。


いやぁ、食べたし呑みましたね。今回のお会計は前回の上を行く結果となり、二人で35000円程でした。二人とも日本酒を呑みすぎた感じでお店を出た後に暫く駅に向かって歩いたのですが、空車のタクシーが通りかかったので今回はタクシーでホテルに帰る事にしました。渋滞に合わずにスムーズに走って大体金額は1400円位。思ったよりお手軽な金額なので、今後はタクシーを利用するのも良い方法だなと思いましたね。

ホテルに戻ってからは寛ぎタイムです。嫁さんもベッドの上で横になっているしEVA-CHINもちょっとだけ横になろうと思ったら、気付いた時には午前3時でありました。酔いも覚めてないのでこのまま寝てしまうのも有りかも知れませんが、シャワーだけでも浴びようとお風呂に入り、満たされた一日を終えたのであります。

翌朝、EVA-CHINは何でもないのですが嫁さんはまだお酒にやられておりました。今回も朝食付きプランを選んでおりますが残念ながら嫁さんはパスだそうで、EVA-CHINが1人で2階にある「SCALAE」に向かう事となりました。THE THOUSAND KYOTO では朝食付きプランの場合はチェックイン時に朝食券をもらえるのですが、洋食ブッフェ、和朝食、ルームサービスのどれにでも使用でき、ルームサービスがお好みならお部屋備え付のパッドでオーダーが出来ます。朝食券がルームサービスにも使えるのは珍しいですよね。前回は和朝食を選んだので、今回は1人ですが午前7時の開店とほぼ同時に「SCALAE」に入ったのであります。


SCALAE

SCALAE は THE THOUSAND KYOTO の2階にあるイタリアンレストランです。THE THOUSAND KYOTO の朝食付きプランで貰える朝食券は、洋食ビュッフェ、和朝食、ルームサービスの中からお好みのスタイルを選べますが、洋食ビュッフェは「SCALAE」で提供されます(KIZAHASHI の和朝食は、日によって SCALAE での提供になる場合もあります)。では、カウンターに並ぶ料理を見に行ってみましょう。


冷製枝豆のポタージュ

ミックスリーフ

ミニトマト

ブロッコリー&枝豆

レッドオニオン

コーン

 

上段は左からバルサミコ酢、シチリア産オリーブオイル、シチリア産塩、マレーシア産ホワイトペッパー、マレーシア産ブラックペッパー。下段も左からサウザンドドレッシング、レモンドレッシング、胡麻ドレッシング、和風ドレッシングです。もちろんお好みで。

大麦サラダ

揚げ茄子サラダとマスタード

人参のオレンジ煮

三種の豆とキャベツのヴァプール(蒸焼き)

スモークサーモン

山口県下松市 安田親子が作った手作りチキンハム

イタリア産サラミ

イタリア産コッパハム

パルマ産プロシュート

隣りにはスライサーと生ハムの塊がありました

上から自家製ピクルス、グリーンオリーブ、ブラックオリーブ、粒マスタード

北海道産チェリーモッツアレラチーズ

こちらはチーズです。左からイタリア産ゴルゴンゾーラ、イタリア産パルミジャーノ、スイス産グリュイエールチーズ、フランス産カマンベール。やっぱり、ドライフルーツがよく合いますね。

山口県下松市 安田親子が作ったソーセージ

山口県下松市 安田親子が作った手作りハム&ベーコン

フライドポテト

野菜のチーズ焼き

野菜のポトフ

手前がオニオンスープで奥が味噌汁。と言うことは・・

御飯とお新香も用意されています

続いてはパンを見てみましょう

クロワッサン

パン オ ショコラ

デニッシュなどはランダムに並んでます。

オレンジデニッシュ

パイナップルデニッシュ

クロワッサン オ ザマンド

クイニーアマン

ヘーゼルナッツ

バケットはホールウィート バケット(上)と バケット(下)、食パンは左からホールウィートブレッド・ホワイトブレッド・ブラウンブレッド・レーズンブレッド

ブリオッシュ・ムスリーヌ

オーク オ バナナ と オーク オ シトロン

トマトジュース、野菜&フルーツジュース、低脂肪乳、豆乳

グレープフルーツジュース、オレンジジュース、牛乳

京都府宮津市はちみつ入り紅芋酢、目覚めの琉球もろみ酢

左:フレーバーウォーター シトラス
右:フレーバーウォーター ハーブ&ジンジャー

ミネラルウォーター (アクアパンナ)

フレーク系です

      

朝食ビッフェの他に玉子料理を中心にして、パンケーキ、フレンチトースト、ワッフルなどの中から1点をテーブルオーダー出来ます。

ロースハムとほうれん草のエッグベネディクト

切ってみました

パイナップル・スイカ・オレンジ

メロン・ピンクグレープフルーツ・キウイ

いちご

フルーツサラダ

ヨーグルト

ミューズリー・カスピ海ヨーグルト(マンゴージャム・いちごジャム)


何だかんだ一人でも「SCALAE」で1時間以上朝食を楽しんだ後にお部屋へ戻ります。チェックアウトの12時まで寛ぎますが、4本あったミネラルウォーターが無くなってしまったのでパッドでオーダーをしてみる事にしました。前回の宿泊時ではパッドからのオーダーはやっていないのでこれは初オーダーですね。画面操作もシンプルで分かりやすくミネラルウォーターを2本オーダーすると、10分位でベルが冷え冷えのミネラルウォーターをお部屋まで届けてくれました。なるほど、確かに便利です。通常のアメニティの他に貸出品、ルームサービスにも対応するので、電話でオーダーするよりも抵抗感が全く無いですね。

11時50分頃にチェックアウトのためお部屋を出発して1階のフロントへ向かいます。チェックアウトと言っても宿泊税はチェックイン時で既に清算しており、ミニバーやレストラン利用もないので確認作業だけで直ぐに終わりました。ちなみに帰りは空港リムジンバスで京都駅から直接伊丹空港へと向かいますが、空港リムジンバス乗場は八条口側にあるので、今いる場所から駅の反対側に行かなければなりません。ただ空港リムジンバスは京都駅から伊丹空港へ行くのに一番便利で早いアクセスであります。今回もよく食べた旅でありました。また二条有恒に行きたくなる衝動に駆られると思うので、その時も THE THOUSAND KYOTO に宿泊しようかな。


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「THE THOUSAND KYOTO」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら

 

THE THOUSAND KYOTO のトップページはこちら